青葉山キャンパス

青葉山キャンパス

青葉山(北)キャンパス

小川正孝先生像 小川先生は、理学部化学科無機化学講座教授として、研究・教育に邁進され、1908年には、「ニッポニウム」の発見を報告されました。
トロポノイド化学顕彰之碑 トロポノイド化学とは、野副鐡男(1902-1996)によって台湾で発見されたヒノキチオールが、不飽和7員環状の非ベンゼン系芳香族化合物であることを世界で初めて認定したものから発展した、非ベンゼン系芳香族化合物に関する有機化学的、物理化学的、生化学的研究分野です。