東北大学学術資源研究公開センター The Center for Academic Resources and Archives

ようこそ! 東北大学学術資源研究公開センターのホームページへ!

 東北大学100年の歴史の中、研究者たちによって収集され、蓄積された資料標本類は多岐にわたり、その数は実に240万点を超えています。それら「東北大学の歴史の証し」を、世界中の人々に公開し、社会教育に役立てるために、 2006年4月、東北大学学術資源研究公開センターは設立されました。
 センターを構成するのは、東北大学総合学術博物館、東北大学史料館、東北大学植物園の3つの学内共同研究教育施設です。この3組織を統合したことで、貴重な資料標本類を一元的に蓄積管理し、それを発信するための基地が生まれました。
 特定の分野にこだわることなく、「東北大学の知」を広く見渡したいとき、ぜひ、このホームページを活用してください。開催されるイベントのご案内、現在ご覧いただけるデータベースのご紹介、そして近い将来実現できるであろうセンターのプラン。それらを通じて、世界中の人々への「東北大学の知」の発信基地になりたいと、私たちは考えています。

私たちの使命

 東北大学の歴史の中で収集された資料・標本類は、これまで各部局ごとの判断の下に管理されてきました。その結果、時に研究室に放置され、「眠れる宝」として学内でさえその存在が知られないままになってしまうこともありました。
これらの資料・標本類は、研究者たちが好奇心と情熱をもって収集した、東北大学の研究教育の歩みを直接記録した「証し」であり、次世代の研究教育のための貴重な「資源」です。広く収蔵物の全体像を把握し、活用していくためには仕組み作りが必要です。
 博物館、史料館、植物園の特色を活かし、センターとして一元化したことで、研究教育分野の垣根を越えて、「眠れる宝」の真の価値を共有することができます。これら資料標本類へ世界中からのアクセスを可能にし、新たな研究教育の資源として有効活用するための門を開くことが私たちの使命です。

私たちと!

 学術資源研究公開センターでは、企画展などの展示企画案、講演会等の共同開催などについてのパートナーシップを広く募集しています。博物館、史料館、植物園というそれぞれ特色のある3組織が集まったセンターだからこそ、今までにない新たな視点からの情報発信、楽しめる学びの場を提供できるのではないかと考えています。

 学内部局に保管されています歴史的・学術的価値のある機器類、資料標本類を受け入れております。適切に収蔵、公開されれば、市民の方々へ「大学の知」を知っていただく社会貢献になります。

 関心のある方は、遠慮なくお問い合わせください。

 連絡先メールアドレス joho@museum.tohoku.ac.jp
 お手数ですが、ウイルス対策のため上記のメールアドレスはキー入力していただけますよう、よろしくお願いします

copyright The Center for Academic Resources and Archives All rights reserved.